×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テキスト差分

テキスト差分ツール・ソフトを使ってファイルを比較

テキスト差分とは、それぞれのファイルを比較して、テキスト(=文字数)の差を表示するというツールです。

 

このテキスト差分ツールを使う事が出来れば、テキスト差分だけでなくテキストエディタで開く事もできますし、拡張子を関連付けたプログラムで開くことができるようにもなります。

 

またテキスト差分のツールによって、差分の位置へとジャンプすることも可能です。

 

そして、選択行をクリップボードへコピーする事も可能になっています。

 

このテキスト差分のツールやソフトは、無料のアプリケーションとして、インターネット上には豊富にあります。

 

無料ですのでテキスト差分のツールが必要だと思ったら、積極的にインストロールしていってみてはいかがでしょう?

 

中には、テキスト差分の一覧の上でショートカットキーを使えば多くの機能を使っていくことができるようなソフトもあるのです。

 

こうした機能も合わせて使っていくことができれば、より快適にテキスト差分の機能を利用できますね。

お薦め無料テキスト差分ツール:diffrencer 1.32

テキスト差分ツールは、さまざまな、フリーソフトとしてダウンロードすることができるようになっています。

 

テキスト差分のフリーソフトも、そのバリエーションは様々で、そのソフトによって特性が異なっています。

 

例えばテキスト差分のフリーソフトには、代表的なものとして、「diffrencer 1.32」という、テキストファイル比較ツールというものがあります。

 

更にテキスト差分でも「Rekisa 0.32.018」は、3つ以上のファイルを同時比較することができるテキスト差分ソフトとして、より使い勝手が良いものでしょう。

 

評判も良いソフトになっています。

 

さらに、テキスト形式に新旧比較を行う事ができるファイルとして登場しているものには、「TFComp(Text File Compare)」というものもあるのです。

 

これらのテキスト差分ツールの特性は様々ですが、ほとんどがフリーソフトですので、ご自身のニーズや必要性に合わせて選択していくと良いのではないでしょうか?

 

テキスト差分は、使いこなしておきたい、ツールの一つと言えるでしょう。

お薦め有料テキスト差分ツール:ちゃうちゃう! 1.1

テキスト差分ツールを使う事が出来れば、文書のテキストに関して、様々な角度から注目していくことができます。

 

このテキスト差分ツールでも、インターネットで公開されているソフトはほとんどが、フリーソフトになっており、比較的利用もしやすいシンプルなソフトが多いのです。

 

テキスト差分で注目されているものは、2つのファイルを同時に比較することができるというソフトです。

 

これによって、文字コードを自動判定したり、差分解析のサンプルソースを得る事もできます。

 

さらにテキスト差分でも、有料のソフトともなれば、より性能の高いツールを使っていくことができるでしょう。

 

テキスト差分ツールの一つ、「ちゃうちゃう! 1.1」というソフトは、2つのウィンドウ上のテキストを比較することによって、異なっている部分を文字、もしくは単語ごとに示して、より確実なテキスト差分を発見することができるようになっています。

 

ファイルディテクトリのパイオニア、「Exam Diff Pro日本語版3.4」などもテキスト差分ツールの体験版として優れたものになっています。